2016年06月04日

レオの耳〜診断結果編〜

病院から電話があり、ようやく診断結果がでましたとのこと。

そのまま電話口で院長の説明が始まりました。

診断書によると・・・と、診断書に書かれたことを読み上げ。

半ば理解できたような、できないような・・・


「診断」
独立性形細胞腫瘍(特に犬の皮膚組織球腫または皮膚形質細胞腫)の可能性

「所見」
提出された2枚のスライドグラス標本中には、血液成分を背景に、中等数の中型〜大型の円形細胞が散在性に採取されてます。細胞質に特徴的な顆粒状構造物は認められません。形態的には組織球や形質細胞に類似してますが、特徴的所見に乏しくこれらの鑑別は困難です。また、成熟リンパ球、好中球も混在してますが、明らかな細菌や真菌、寄生虫などの感染微生物、異物等は検出されてません。

ようするに「良性」ってことでしょ?

良性なんだよね!!

電話で説明してる途中にもしかしたら良性かもって思ったら

話も半分くらいしか聞いてなかったようで・・・

結果、良性なんですよね?って確認しちゃいました。

で、今後どうするかっていうと、様子見でこのまま放置になるそうです。

そんな5月が終わり、あれから耳のブツはどうなったかというと


image.jpeg

ちょっと赤いのが消えて、落ち着いた感じです。

このまま消えてなくなれ〜〜〜〜

診断結果が良性ってことでレオ家はようやく一段落。

けど、今回のことがあっていろいろ考えたこともあります。

これからは、こういうことがちょこちょことあるんだろうな

ガンだけでなく、病気や老化現象・・・

元気なシニアを過ごすためにも、毎日のチェックは大切かもしれません。

ちょっとした変化を見つけて早めの受診は本当に大事。

もちろん、人間もね。

さて、結果が出たことだしレオもすっきりしようかね〜(サマーカット)

ニックネーム c.reoママ at 15:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

レオの耳〜再検査編〜

そして長くもやもやしたGWが明けて病院へ検査結果が出たか

確認の電話をしてみると、しばらく電話口で待たされ

「GWだったこともあり、まだ検査の結果が出てないようです。」

え〜1週間以上待ったのにまだ・・・。

「週明けには出てると思うので。」

この日は5月の6日で金曜、週明けまで待つのか・・・長い。

もんもんとした週末を過ごし、月曜に電話じゃなく直接聞きに行くと

「午前中なんで、お昼には出てるかと思うのですが・・・」

そんなに検査って混んでるんか?仕方なく引き上げ電話待ち。

ようやく電話がかかってきた!

院長「大変お待たせして申し訳ありません。検査結果なのですが・・・」

やっと結果が出たか!と、どきどきしながら聞いていると

院長「申し訳ないのですが、このGW中の混雑でレオくんの検査用スライド標本が

紛失してしまったようで検査機関に提出できてませんでした。」

は????

検査できてない??

っていうか、紛失ってどういうこと??

この数日間はなんだったの??

院長「で、大変申し訳ないのですがもう1度検査をさせていただくか

検査料金を返金させていただくか・・・」

いや、検査しないとはじまらないでしょ!

院長「検査でしたらもちろん無料で・・・」

いや、それ当然でしょ!

「再検査でお願いします。今から行きますので、すぐできますよね?」と

なかば脅しのような口調で言ってしまった。

再検査のためにまた、病院へ行き同じように針で刺して検査。

そしてまた、長い1週間を過ごすことに・・・

これでガンだって結果が出て、腫瘍が大きく育ってたらどうする?

1週間が2週間になってその間に・・・

あ〜よからぬことがぐるぐる・・・

けど、命が最優先という答えは決まってる。

片耳のレオ!それも個性かもしれない。

そんなことをもんもんと考え、答えを待つばかりの1週間。

ようやく検査結果が出たと電話がかかってきて院長からの説明がはじまりました。

つづく。
ニックネーム c.reoママ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

レオの耳〜ガンの疑い編〜

今年の10月で12歳になるレオ

シニア犬になっても元気でいつもと変わらないのですが

やっぱりいろいろなところに心配なことはついてくる。

4月18日、狂犬病の予防接種をいつも行ってる病院へ

なんてことなく診察して耳の汚れを見てもらったとき

先生「あれ?虫にでも刺された?」

ん〜虫に刺された覚えはないし、耳をかゆがることもない。

先生「ちょっと気になるできものがあるね〜虫さされか・・・そうでなければ・・・」

そうでなければ?

ちょっとした会話でしたが、「そうでなければ・・・」のあとの

「がんかもしれないし・・・」が聞こえたんです。

え???

いつから?

こんなのあったっけ??

なに?なに?がんなの??


image.jpeg


家に帰ってからそのことが気になって気になって

いろいろ検索してみると疑わしいのが出てくる。

もしかしたら脂肪細胞腫かも・・・

週明けにセカンドオピニオンの病院へ行くことに。

レオは予防接種やフィラリアなどはいつもの病院へ行ってるのですが

皮膚にかゆみが出たりしたときは、セカンドオピニオンを受診してます。

これもまた、複雑なことですが・・・今回はあえて書きません。

セカンドオピニオンの病院の待合で何気にレオを抱っこしながら待つと

なんだか、全身が気になりなでながら触ると・・・

え?なんかある?

左腕の付け根?肩にコリっとしたものがある。

嘘でしょ?これもなの??

偶然にも見つけたものも一緒に病院の先生に見てもらうことに。

耳のできものを見てすぐに怪しいと判断。

肩のできものも見た目では判断できないとのこと。

両方とも色、形、大きさ、厚みを測り、針で細胞の一部を取り顕微鏡で見ると

耳のほうはがん細胞に似た形の組織球が見られるとのこと。

肩のほうは組織球がみられないので、脂肪のかたまりのようです。

一安心なのかショックなのか、わけわかんない!

とにかく耳の細胞はがんの疑いってことで、それが良性なのか悪性なのか

なんなのかを判断してもらうために病理検査に出すこととなりました。

ちょうど、GW前ということでGW明けまで結果待ちとなり

レオ家ははっきりしないGWを迎えたのでした。

とりあえず、はっきりした結果が出てなかったのですが

病院での結果を家族に伝え、どんな結果となろうとも命が最優先!!

耳の1部を切ろうとも、片耳になろうともかまわない!

がんを切り捨て、転移だけは避けようという答えは出てました。

不安だったけど、不安な顔してたらレオも不安になる。

GWはそれこそ、レオデーにしていっぱい楽しもう〜と、お出かけして

image.jpeg

レオのお守りを買いに行って、がんではありませんよーに!

良性でありますよーに!!って、いっぱいお願いしてました。

image.jpeg

そして、いつもより長く感じたGW明け、結果が出たか病院へ電話確認してみると

とんでもないことが・・・

つづく。


ニックネーム c.reoママ at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする